キャッシングとは?

まだキャッシングを利用したことがない人には、「キャッシング」がどういったものなのか、はっきりとイメージがつかめないのではないでしょうか?

「キャッシング」とは、お金を借りるサービス全般のことを指しますが、中でも特に「無担保で使い道が自由な借金全般」をいう場合が多いです。

反対に、担保を取ったり、使い道が決められている借金として、住宅ローンやマイカーローン、旅行ローンなどがあります。それらは「キャッシング」と区別して「目的別ローン」と呼ばれます。

ここでは、無担保で使い道が自由なキャッシングサービスについて解説します。

ローンカードが発行されるキャッシング「カードローン」

カードローンをATMで使う

キャッシングは更に、ローンカードが発行されるものとされないものに分かれます。

ローンカードが発行されるキャッシングサービスは、「カードローン」と呼ばれます。ローンカードはATMで現金を借りたり返したりするときに使います。

一方、ローンカードが発行されないキャッシングサービスの場合は、契約時にいくら借りて、毎月いくら返済するかを決めてお金を借ります。以後は毎月決まった額を返済をするだけです。途中で追加のお金が必要になったときは、もう一本新規に契約を結ぶ必要があります。

ローンカードを発行しないキャッシングは、ほとんどが中小の貸金業者です。大手のプロミス、アコム、アイフル、モビットや銀行カードローンは、ローンカードを発行しています。銀行カードローンの場合、預金用のキャッシュカードがローンカードと兼用になることもあります。

カードローンの特徴

カードローンは、ローンカード(クレジットカードと同じ大きさ)が発行されるキャッシングの形態です。カードローンには次のような特徴があります。

繰り返し借り入れができる

カードローンを契約すると、金利と限度額(極度額)が決められます。利用者は、限度額の範囲内で繰り返し借入ができます。一般的なローンの場合は追加で借入をしたいときにその都度契約を結ばなければいけませんが、カードローンでは限度額の範囲内であればそういった追加の契約を結ぶ必要がなく簡単にお金を借りることができます。

例えば契約で限度額が50万円となった場合、最初に10万円を借り入れたとします。すると、50-10=40であと40万円はいつでも借りることができます。しかも、10万円の返済が終わらなくても追加で借りられるのが特徴です。

カードローンで借りることが出来るATMは、カードローン会社専用のATMの他に、コンビニや銀行のATM等提携しているATMがあります。コンビニは全国各地にあるため非常に便利です。

担保や保証人は不要

カードローンは、不動産などの担保や、連帯保証人などが不要で契約できるのが特徴です。そのため、契約に必要な書類が少なく、審査も時間がかかりません。

使途自由

カードローンで借りたお金は、使用目的は特に限定されません。しかし事業用資金には使用禁止としている会社もありますが、その他個人として使う分には何のために使うお金でも借りることが出来ます。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは、その使用目的が限定されたローンで、その目的以外のことには使えません。

カードローンのメリット

カードローンには次のようなメリットがあります。

手軽に利用できる

カードローンは、コンビニなど身近なATMで借入ができるため、今月ちょっとお金がないとか、冠婚葬祭で一時的な出費があるといったときにも面倒な手続きなしに借りられるというメリットがあります。

申し込みは来店不要

カードローンは、パソコンやスマートフォンからいつでもどこからでも申込みができます。面談もなく、本人確認資料などの必要書類はスマホの写真で送ることができるので、来店不要で申込みから契約まで完了します。

ローンカードも郵送されてきますが、家に届くのが嫌な人は、無人契約機で受け取ることもできます。利用者の事情に合わせて受取方が選べるのもカードローンのメリットです。

審査スピードが早い

住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローンは、審査のために見積書や注文書、収入証明など多くの書類を提出し審査が完了するまでに数日〜1週間程度は待たされるのが普通です。

カードローンについては、必要書類も少なく、審査にかかる時間も短いのがメリットです。

特に消費者金融のカードローンは審査が早く、申し込み時間によっては最短1時間以内に審査と契約まで完了してしまうことも珍しくありません。ただ、銀行カードローンは即日審査、即日融資はできません。それでも目的ローンに比べれば審査時間は短くなっています。

急な出費でお金が必要になった場合でもカードローンならすぐに借り入れができるのがメリットです。

無利息期間のあるカードローンも

大手消費者金融のカードローンや一部の銀行カードローンには、一定の期間金利がかからない「無利息期間」が設けられています。無利息期間中に借りたお金を返すことで、支払う利息は0円になるため、短期間の借入は無利息期間があるカードローン商品を選びましょう。

長く利用することで金利が下がる可能性がある

カードローンの新規契約の際は、ほとんどの場合その商品の上限金利でお金を借りることになりますが、同じ金融機関のカードローンを長く利用しており、延滞などがない場合、新たな借り入れのタイミングや増枠を申し込むタイミングで金利が下がる可能性があります。

利用限度額が高くなれば金利が下がることもありますので、同じ金融機関のカードローンを長く利用している場合は、上記のようなタイミングで金利引き下げの交渉をしてみましょう。

カードローンのデメリット

カードローンには次のようなデメリットがあります。

目的別ローンと比べて金利が高い

カードローンは、審査に必要な書類が少なく、スピードも早いことから手軽に利用できる一方、自動車ローンや教育ローンなどの目的別ローン商品と比較して金利は高い傾向にあります。

例えば、教育に必要なお金(塾代、授業料、部活の費用等)で50万円が必要なとき、教育ローンであれば3〜5%程度(2019年現在)ですが、カードローンだと18%程度と大きな開きがあります。

仮に4%と18%で50万円を借り、毎月1万円ずつ返済した場合で比べてみると、

4%の場合

返済期間 4 年 7 ヶ月
総返済金額 547,877円
総支払利息 47,877円

詳しくはこちら

18%の場合

返済期間 7 年 10 ヶ月
総返済金額 931,125円
総支払利息 431,125円

詳しくはこちら

これだけの違いが出てきます。
4%に比べて18%では、返済期間は3年以上長くかかり、利息は約40万円も多くなります。

このように、目的がはっきりしている場合は、手続きは少し面倒でも目的別ローンを利用した方がお得です。また、必要な費用が更に高額になれば、カードローンでは総量規制(年収の3分の1までしか融資できない)がかかり借りることもできない場合もあります。

年収が高い人なら、カードローンの限度額 800万 金利 2%というカードローンも存在します。ただ、そういった契約ができるのは、かなり年収が高い人でほとんどいません。カードローンを利用する大多数は限度額 50〜100万円程度、金利は15%〜18%程度というのが現実です。カードローンの低い方の金利を参考にしてはいけません。

返済がリボ払いであるため、利息負担が大きい

カードローンの多くは、残高スライド定額リボルビング方式(いわゆるリボ払い)が主流です。

残高スライド定額リボルビング方式とは、毎月借入残高に応じて返済額と利息が変動する返済方式です。

ただ、返済額は借入残高が多少変わっても一定です。例えば、10万円までは毎月3,000円、それを超えて30万円迄は毎月9,000円、50万円迄は毎月15,000円というようになります。ただ、返済額が一定でもその内訳として元本と利息は代わってきます。例えば、40万円借りたとき15,000円の返済金額のうち利息は6,000円、元本充当分は4000円ですが、50万円になると、利息は7,500円、元本充当分は2,500円になります。元本充当分というのは借金本体の返済に充てられる金額です。利息はカードローン会社に支払う手数料なので、そちらがいくら高くても借金は減りません。

リボ払いは返済額は一定なのでお金がないときは大変助かりますが、利息ばかり払っていてなかなか借金自体(元本)が減らなず返済期間が長くなりやすい傾向にあります。

しかし、カードローンではいつでもATMで追加返済ができるので、お金に余裕がある月や、ボーナスが出たときなどに追加返済をしていくとで、利息負担を減らして早く返済することができます。「多く返し過ぎてもまた借りればいい」というくらいお気持ちで積極的に追加返済をしていけば、無駄遣いも減らすことができ借金を早く返済できます。ただ、ここで1つ注意点があります。ATMの利用には手数料がかかる場合があるので、ATM手数料無料のカードローンを選ぶようにしましょう。

このようにカードローンは、返済が長引く危険性はありますが、お金がないときは返済が少なくて済み、お金があるときは自分で返済額をコントロールできるということから、うまく使いこなせるようになれば、とても便利です。

カードローンの種類

カードローンは、契約をする金融機関によって、「消費者金融系カードローン」「銀行カードローン」「信販系カードローン」の3種類に分類することができます。

消費者金融カードローン

カードローンといえば、アコムやアイフル、プロミス、モビットなど、消費者金融のカードローンが有名です。テレビCMでもよく見かけるので、カードローン=消費者金融という印象を持つ人が多いと思います。

消費者金融は、これらの有名な大手企業ばかりではありません。中小の消費者金融もたくさんあります。しかし、多くの中小の消費者金融では、ローンカードを発行しないキャッシングサービスを提供しているところがほとんどです。ローンカードがないため、最初に融資を受けたらその後追加で借りたいときはもう一度契約が必要になります。また繰り上げ返済等の追加返済も気軽にはできません。

消費者金融のカードローンには次のような特徴があります。

審査スピードが速い

消費者金融系カードローンは審査スピードが速いことを一番の売りとしているところがあります。消費者金融には審査に関する長年のノウハウがあり、またそれをシステム化しているため、早い審査が可能になっています。そのため、最短即日でキャッシングが可能になっています。

最近では、最短30分審査、その後契約から融資まで60分といった会社も出てきています。急いでいる場合は消費者金融がお勧めです。しかし、全ての消費者金融で即日融資を可能にしているわけではないのでよく調べてから申込みしましょう。大手消費者金融はどこも即日融資には対応しているので、迷ったら大手に申し込むのがお勧めです。

土日祝日でも契約できる

消費者金融でも銀行カードローンでも、申込みはウェブからできるため、土日祝日24時間いつでも申込みまではできます。しかし、実際に審査や契約まで土日祝日に対応しているかは別の話です。

土日祝日に審査や契約までできるのは大手消費者金融だけです。大手消費者金融には、自動契約機がありますから、土日祝日でもカードを自動契約機に取りに行けばその場でカード発行、ATMでお金を借りることが可能です。

注意点としては、土日祝日に審査や契約が対応していますが、夜間は対応していません。だいたい朝9時から夜8時までには申込みをしないと当日中には融資はできないと思っていた方がいいでしょう。

自動契約機が近くにないときはどうする?

自動契約機が近くに無いときは、ローンカードは郵送で受け取ります。郵送まで待てないというときは、振込での融資も可能ですが、土日祝日の振込に対応してくれるかどうかは、消費者金融や振込先の金融機関にもよります。銀行が24時間振込に対応したのが2018年なので、未対応の消費者金融、金融機関もまだあると思われます。この点についてはご自身で消費者金融に確認した方がいいと思います。あるいは、少し離れていても電車や車、タクシー等で自動契約機まで行った方が確実です。

審査基準が低い

消費者金融カードローンは審査基準が銀行カードローンや信販系カードローンに比べて低い傾向にあります。

雇用形態が正社員ではなく、アルバイトや契約社員であったり、年収が200万円以下であっても審査に通る可能性があります。ただ、審査が甘いという訳ではないので過信は禁物です。

審査で一番重要なのは、安定した収入です。収入が低くても金蔵年数が長く毎月あまり収入に変動がなければ、限度額は高くはありませんが、お金を借りることができるのが消費者金融のいいところでもあります。

総量規制の対象

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し出しをしてはいけないという貸金業法の決まりです。消費者金融は貸金業法で運営されているためこの規制を受けます。銀行カードローンは貸金業法の対象外なので総量規制も対象外です。

総量規制は、1社から借りるときだけの規制ではありません。借り手が複数の貸金業者から借入をしている場合は合算して年収の3分の1を超えないかを見られます。例えば、年収300万円の人が、A社から60万円の限度額を設定されている場合、B社に申し込んでも、最大で40万円までしか限度額を設定できません。

銀行カードローン

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行、地方銀行、ネット銀行など多くの銀行でもカードローンを提供しています。銀行カードローンには、次のような特徴があります。

金利が低い

銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて金利が低いのが特徴です。一番高い方の金利で比較すると、消費者金融ではほとんどが18%であるのに対して銀行カードローンは、14%前後が主流です。

4%の差は返済額に大きく影響するため、銀行カードローンは有利です。

総量規制の対象外

総量規制とは、貸金業者がお金を貸すときに年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法で決められた規制の一つです。ただ、この貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社に適用されるもので銀行は対象外です。銀行にも銀行法という法律がありますが、銀行法には総量規制の定めはなく、年収の3分の1を超える借り入れが可能です。

年収の3分の1を超える借入ができないということは、つまり収入のない人は1円も借りられないということになります。

なので、専業主婦のように本人に収入のない人でも借りられるのは銀行カードローンです。しかし、銀行も審査基準によっては専業主婦には貸さなかったり貸せるとしても夫の連帯保証が必要だったり条件が付く場合があります。

また、昨今の銀行の"貸しすぎ"問題が取り沙汰されていることから、銀行も貸し出しには慎重になってきています。

審査が厳しい

カードローンの審査は、年収や勤続年数、勤め先、雇用形態、家族構成、持ち家、他のローンなど、申し込み時に申告した内容を点数化(スコアリング)して判断しています。

銀行カードローンは、このスコアリングでの判断基準が消費者金融や信販系カードローンよりも低い傾向にあります。つまり、審査が厳しいと言えます。一般的に金利が低い方が審査は厳しいと言われ、消費者金融では審査を厳しくしない代わりに金利で貸し倒れリスクをカバーしています。

利用限度額が高い

銀行カードローンは、消費者金融や信販系のカードローンと比べて限度額は高い傾向にあります。

しかし、はじめての契約でいきなり高い限度額を設定してもらえることはほとんど無く、最初は高くても100万円以下の限度額で契約することがほとんどです。その後、きちんと返済していき信頼の実績を積み重ねていけば、将来増額することも可能です。ただ、年収にもよるので500万とか1000万とかの限度額になるには相当な安定した年収でないと難しいでしょう。

信販系カードローン

オリコやオリックスなどの信販会社が提供するカードローンです。クレジットカード機能が付いていることが多いのでカードローンというよりクレジットカードという印象が強く、カードローンを契約するというより作ったクレジットカードにキャッシング機能が付いていたということが多いと思います。ただ、信販会社でも、カードローン専用のサービスをしているところもあります。

信販系カードローンには次のような特徴があります。

総量規制の対象になる

信販会社やクレジットカード会社も消費者金融と同様に貸金業者となります。そのため、貸金業法で定められた総量規制の対象になり、年収の3分の1を超える貸し付けをすることができません。

業者による金利の差が大きい

信販系カードローンの金利は業者によって大きく異なる傾向があります。中には銀行カードローンよりも低い金利で貸し出す会社もあるので、お得なカードローンを見つけることもできるかもしれません。

キャッシング付きのクレジットカードとの違い

クレジットカード

クレジットカードを作ったら勝手にキャッシング機能も付いていたなんてことありませんか?

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンはどう違うのでしょうか。

返済方法が違う

カードローンでは、借りたお金を毎月分割で返済するリボルビング払いが基本ですが、クレジットカードでは、翌月一括払いが基本となります。

ただ、最近ではカードローンと同じように毎月一定額のリボルビング払いで分割返済できるクレジットカードも多くなっています。

ATMからの返済はできない

クレジットカードのキャッシング機能は、カードローンと同様にATMでお金を借りられますが、ATMを使っての返済は出来ません

ATMからの返済ができる利点は、例えば、お金に余裕が出たときに毎月の定額返済の他に追加で返済することで早く借金を減らすことができますが、クレジットカードのキャッシングで追加の返済をする場合は、カード会社に連絡して繰り上げ返済の手続きが必要です。面倒なのでやる人は少ないと思います。その点、ATMでサクッと返済できるカードローンの方が便利です。

カード発行に時間がかかる

キャッシング機能のついたクレジットカードは審査に時間がかかります。中には1週間程かかる場合もあります。カードローンでは、消費者金融では審査は最短即日です。銀行カードローンでも最短翌日の審査が可能です。

クレジットカードでもショッピングセンターなどで発行されるカードは即日発行できる場合もありますが、キャッシング機能がついてないカードに限られる場合が多いようです。または、取り急ぎショッピングができる状態のカードを発行し、キャッシング機能は後日審査後に付くケースもあります。

キャッシングの申し込みと審査

カードローンは、50万円以下の限度額なら運転免許証など本人確認できる書類さえあれば申込みができます。保証人や担保は必要ありません。

消費者金融のカードローンなら、審査から融資まで最短即日で借りられます。急にお金が必要になったとき、消費者金融のカードローンはとても便利です。

カードローンの申込みは、スマホやパソコンからWEBでできます。

本人確認書類も、アプリやメール、FAXで送ればよく、どこかの店舗に出向く必要もありません。

ただし、ローンカードをすぐ手にしてお金を借りたい場合は、無人契約機に行って受け取る必要があります。

近くに無人契約機もないという場合は、ローンカードは郵送になりますが、即日お金が必要な場合は、振込融資でお金を受け取ることができます。

つまり、日本全国どこにいても、スマホ1つあれば申込みからお金を受け取る(振込で)までが完結します。

カードローンやクレジットカード以外のキャッシングについても、最近はWEBから申し込みができ、来店不要で即日振みでの融資が可能なサービスも増えています。